■ニューカレドニアの島
主にヌーメア(首都)があるグランドテール島・イル・デ・パン島・リフー島・マレ島・ウベア島に
分かれています。

■気候
ニューカレドニアは亜熱帯気候に属し、年間平均気温24℃前後で初夏のさわやかさが1年中
続く、大変すごしやすいところです。1年の気温の変化は比較的少なく、もっとも暑い2月頃で
平均気温27℃、もっとも涼しくなる7月が20℃ぐらいです。


■ニューカレドニアまで

日本から飛行機で約8時間かかります。空港名はトントゥータ国際空港です。


■時差

日本より2時間進んでいます。日本が12:00のとき、ニューカレドニアは14:00です。


■言語

公用語はフランス語。ただし、ホテル、レストラン、免税店等ではほとんど英語も通じます。
最近はヌメアのホテル・免税店等で日本人スタッフを置いているところもあり、レストランでは
日本語のメニューも用意しています。各地域ではメラネシア・ポリネシア系諸語も話されています。


■水

水道水は安心して飲めます。ご心配な方はミネラルウォーターをご用意ください。
(ミネラルウォーターはスーパーマーケットや商店でご購入いただけます)


■パスポートの残存

ニューカレドニアは入国時に滞在日数に加えて3か月以上の残存有効期間が必要です。
※ ニューカレドニアは入国審査時にパスポート、帰国便の航空券(E-TICKET)、
入国カード(機内で配布)が必要です。

最近、入国の際にE- TICKETをお持ちでないお客様、またE-TICKETをお受け取りになっていても、
航空券との認識がなく入国審査で提示できていないお客様もいらっしゃいます。国境警察より今後
入国審査時に帰国便のE-TICKETがなかったり、提示できない場合は入国させずそのまま日本へ
帰国させると案内がありました。ご旅行のお客様は必ずE-TICKETをお持ちになり、入国審査時に
提示できるようにしておいてください。


■電圧

電圧は220Vで50Hz。プラグは2穴丸型式のCタイプが主流(フランスと同じ)。


■ビジネスアワー

*ショップ*
月曜日~金曜日の8:30~11:30、13:30~18:00。
土曜日は8:30~11:30。基本的に日曜日と祝日はお休みです。

*レストラン*
月曜日~土曜日の11:00~14:00、19:00~22:00。
日曜日はお休みのところが多いが、営業するところも増えてきています。


■チップ

ニューカレドニアではチップは不要です。その点では日本と変わりがありません。
食事のときやホテルのベッドメイキングの人に小銭を置いていったりもしません。
ホテルのポーターには、ありがとうのひとことで十分。
「ありがとう」はフランス語で「メルシー」です。


■両替

現地の通貨はパシフィック・フラン(CFP/XPF)。通常、ニューカレドニアで日本円から両替します。
一般的に、手数料は500~700パシフィック・フラン前後。ホテルなどでは手数料なしに両替して
くれますが、レートは銀行より低いようです。ヌメア以外では両替してくれるところは少ないので、
離島に行く人はあらかじめヌメアで両替しておいた方がいいでしょう。日本での再両替は不可なので、
あまったパシフィック・フランは帰国時にトントゥータ空港で円(もしくは他の国際的に通用する外貨)
に戻してもらっください。


■クレジットカード

ニューカレドニアではクレジットカードはかなり普及しています。ホテル、レストラン、ブティックなどでの
支払いに、カードが利用できるのは諸外国と同様です。カードの種類では、VISAとMASTERが町中の
レストランやスーパーなどで使えるのに対し、それ以外のJCB、AMEX、DINERSなどは外国人観光客の
多いところ(ホテルや免税店)に限られています。銀行の現金自動支払機ATMもあるので利用できます。

どうぞお気をつけて楽しい旅行にして下さい。
(上記情報はご旅行の準備のご参考までにどうぞ。変更となっている場合もございますのでご了承ください。)